BLOG

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVES

モーションキャプチャルーム紹介

今回は社内にあるモーションキャプチャルームをご紹介します!

アニマでは、CG制作においてお客様の要望に迅速且つ柔軟に対応する事を目的に、

昨年夏から光学式モーションキャプチャシステムを導入しました!

 

<光学式モーションキャプチャとは?>

モーションキャプチャには、磁気式・機械式・光学式と様々な種類がありますが、

この度導入した光学式について簡単にご説明します。

赤外線投光器付きの特殊なカメラでマーカー(※1)を撮影すると、

その赤外線を反射したマーカーは専用ソフトウェア上にて白く輝いて表示されます。(※2)

(※1)

…球状の部分は反射素材で覆ってあり、そこが赤外線を反射します。

(※2)

そしてカメラから送られてきた白い発光点の情報を元に、

専用ソフトウェアが3次元位置を割り出しデータとして取り込む方式です。

その後、収録したモーションキャプチャデータをソフトウェア(Motive)で編集し、

外部形式で出力した後に、MotionBuilder上にてキャラクタに流し込み、

そのデータがCG制作に使用されます。 

ソフトウェア ( MotionBuilder ) で動きを流し込んだ画面↓

と、説明はここまで!

次は実際に使用しているスタジオや機材、大/小道具をお見せします♪

●キャプチャルーム内

●現在24台設置してあるキャプチャ撮影用カメラ(OptiTrack Prime41)

●マーカー付キャプチャスーツを着ている役者さん

●ソフトウェア画面

(ソフトウェアは Motiveを使用しています。)

※案件によっては武器を持って格闘したり、階段等の段差がある状況での演技を行ったりもします。

その場合には撮影時に役者さんにも武器を持ち、

実際に作り出した段差で演技を行ってもらい撮影を行います。

ちなみに大道具・小道具は案件に応じて随時購入・製作しています!

●小道具(武器)

●小道具(段差)

●大道具(階段)

 

●体育倉庫

ここにはマット等が入っています。

●控え室

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

このように、自社内でモーションを収録できる体制を整備・運用することでCG制作に活かしています!

以上、モーションキャプチャルーム紹介でした☆

PAGE
TOP