BLOG

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVES

中谷学さんによるライティングストーリーセミナー✐

つい先日まで毎日「暑い~;」と言っていたのに…
朝晩は涼しく、気付けばすっかり秋の気候となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、以前も何度かご紹介したことのある、
元Dream Works Animationの中谷学さんによるセミナーの様子をご紹介します!

過去10シリーズ行われている中谷さんセミナーの11シリーズ目となる今回は、
「ライティングストーリーセミナー」でした!
Dream Works Animationでライティングスーパーバイザーとして
活躍されていた中谷さんの専門分野ということで、光と色の理論や視線誘導のテクニック、
そして何より「ストーリーを伝えるものである」ということを、
とてもわかりやすく丁寧に解説してくださいました✨

Skypeでのセミナーの様子↓来日時には直接講義してくださることもあります!

中谷さんのセミナーは広い職種を対象としてくださっているので、
ライティングを行うコンポジッターだけでなく、モデラーやアニメーター職の
スタッフも受講させていただいています!
セミナー時に毎回課題が出題され、フィードバックもしてくださるので、
普段別工程を担当している私(アニメーター)でもとても実践的に学ぶことができます◎

中でも、‟一つの画像に〔希望、悲しみ、怒り〕の3つの感情をライティングで表現する”
という課題は、まさにライティングの威力を痛感させられる課題でとても楽しかったです⁂

正しい整合性があるライティングはもちろん、
【現実の整合性よりも優先して表現しなければならないもの】や
それを表現するための【設計(線、カタチ、リズム)】を取り入れ、
〔いかにストーリー表現に寄与するか〕etc…

ライティングでストーリーを表現する際の実践的なテクニックを、
絵画やご自身が手がけられた映画の実例をとって解説してくださいました。

実践的なライティングの他にも、
【プロジェクトでライティングがどう構築されていくか】という
現場的なお話も詳しく解説してくださいました✐

– 映画1本の興奮度グラフ
– 色で観客に伝わる感情とその設計
– 映画のカラースクリプト(作品全体を通した色の設計図)の実例
– それに基づいて制作された完成映像
– 色は光の当たり方で変わって見えるところから「ここは少し色がcoolすぎる」
 という風に、色温度でディレクションをする

実際の現場の状況を、その現場にいた方に説明していただいたことで、
アーティスティックな映画も紐解くと非常に精密に映像化されているということが
とてもよくわかりました◎

今回は、「ライティングストーリーセミナー」でしたが、過去10シリーズの中には
「世界のCG業界情勢」シリーズ、「オリジナル映画の企画をたてよう」シリーズ、
仕事の連携 / 実際の機材を使ったライティングの実習といった「マネジメント」
シリーズなど、中谷さんには継続的にレクチャーをしていただいています!

次回もどんなセミナーになるか楽しみです!
では、またご紹介します*

PAGE
TOP