BLOG

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVES

カテゴリー別 : 社内イベント

エフェクト勉強会

来週から9月に入りますが、
まだまだ暑い日が続いていますね☀
今年の暑さも長引きそうな気配を感じます…💦

さて、今回はFX Departmentで取り組んでいる勉強会についてご紹介します!
この勉強会は、個々のアーティストが過去プロジェクトで使った技術の共有
新人アーティストに向けたアドバイスHoudiniやNukeのTipsなどを
教え合うことを目的に実施しています。

最近の勉強会では、基礎的なCopy to Pontsを使って
2つの軸を元にした回転を行いました。

例えば、基本的に回転は2つの軸を定義することでもう1つの軸が決まるので、
その2軸をY軸方向に@upベクターとZ軸方向に@Nまたは@vに定義します。


————————————————————-
v@N = set(0,0,1); or v@v = set(0,1,1);
v@up = set(0,1,0);
————————————————————-
上で定義したupベクターをVEXファンクションのRotateを使って回転させてみます。


————————————————————-
matrix m=ident();
float angle=radians(@Frame);
vector axis=set(0,0,1);
rotate(m,angle,axis);
v@up *= m;
————————————————————-
まず、Matrixを定義し、角度と回転軸を指定します。その回転の情報を最初に作った
Matrixに乗算し、最終的に@upベクターに対してかけると回転させることができます。
角度は値をラジアンに変換し、1フレーム1度回転させています。

次は回転軸を変えて行ってみます。


————————————————————-
matrix m=ident();
float angle=radians(@Frame);
vector axis=sample_sphere_uniform(rand(@ptnum,ch(“seed”)));
rotate(m,angle,axis);
v@N *= m;
v@up *= m;
————————————————————-

先ほどは回転軸をz軸にしていましたが、今回は軸をランダムな値にしています。
3軸を正しく回転させるためには2軸を定義する必要があるので、
upベクターだけでなくNormalに対しても同じ回転の情報を入れます。

最後に、モデルを複数配置してそれぞれランダムな回転を加えた例も紹介します。
sphere上にモデルをコピーし、今回はこのSphereが持っているNormalを使用します。


————————————————————-
v@up=sample_sphere_shell_uniform(rand(@ptnum),1);
————————————————————-
まず、ランダムなupベクターを作成します。


————————————————————-
v@cross = cross(@up,@N);
v@up = cross(@N,@cross);
matrix m=ident();
float angle=radians(@Frame);
vector axis=normalize(@up);
rotate(m,angle,axis);
v@N *= m;
————————————————————-
モデルのY軸方向を軸にキャラを回転させたいため、
作成したupベクターとNormalのCrossをとり、さらにNormalと
再度Crossの計算をし直します。
これで、3つの軸を直交させることができ、正しい回転処理を行うことができます。

いかがでしたか?
今回の内容は一例なので、今後もエフェクトチームの勉強会の内容を
定期的にご紹介しようと思います!

それでは、次回の投稿もお楽しみに*

Shot Division ~LC Departmentのご紹介~

毎日暑いですね💦
外にいる時だけでなく、家の中でも熱中症に気を付けましょう☀

さて、今回の記事は入社2年目を迎える筆者が所属する
Lighting&Composite Department(以下、LC)をご紹介します!
就職を考えている方はぜひ参考にしてください:)

まず、LCでは、キャラクターや背景のライティング作業と
出来上がった素材を組み合わせるコンポジット作業を担当しています。

>業務内容
映像内に登場するAsset(キャラクターや背景)のライティング作業を行い、
エフェクト等と併せてコンポジット作業を行うのが主な業務内容です。
現在は15名のアーティストが所属しており、ライティングではMayaと3dsMAX、
コンポジットではAfter EffectsとNUKEをメインツールとしています。

>スケジュール ※あくまで一例です
—————————————————————————
11:00  業務開始
12:00  定例会/月曜のみ:業務内容の報告と連絡会
13:00~ 昼食 ※決まっている訳ではなく、休憩に入る人が多い時間
19:00  勉強会/金曜のみ:毎回異なる内容のテーマを議題に話合います
20:00~ 業務終了
—————————————————————————

ちなみに、LCも現在はほとんどのスタッフがテレワークです。
アニマ全体でもバーチャルオフィスのシステムを導入していますが、
LCではバーチャルオフィス以外にもNewworkというアプリを導入し、
必要に応じて気軽に都度相談ができるようにしています。

Newworkの画面↓

>LCの雰囲気
皆さん穏やかで、業務の指示も丁寧で優しい方が多いです。
テレワークになったばかりの頃はコミュニケーションの取り方に
難しさを感じていましたが、先輩方が気にかけてくださるおかげで
今は支障を感じることはほとんどありません。

>業務外の活動
LCでは、毎週金曜日の業務終了後にNewwork上で集まり、
毎回テーマを決めて交流しています。
内容は、業務で使うリファレンス集めや自主制作の発表、
各自が今興味を持っていることなど様々…✨
会社外でもコミュニケーションを取ることが難しい中で
こういう場があるのは個人的にはとてもありがたいです。

今回はここまで!
少しでもLCのことが伝われば幸いです◎

それでは、次回の更新もお楽しみに*

2021 夏季インターンシップについて

雨の日が続き、太陽の明るい陽射しが恋しいこの頃…。
暗い天気に負けないように、気分転換をしながら梅雨を乗り切りましょう!

さて、今回は毎年実施しているアニマのインターンシップに関する記事です。

アニマのインターンシップは応募者のスキルアップを目的としているため、
既存スタッフの手伝いではなく、学生本人が希望する職種に応じた課題
取り組んでいただいています。

筆者も学生時代アニマのインターンシップに参加したのですが、
その際にもポートフォリオを提出しました。
アニマへの応募に限らず、クリエイター職ではポートフォリオの
提出を求められる機会が多いと思います。
学校ではポートフォリオを作成する授業もあると思うのですが、
掲載する【作品】作りに注力した結果、【ポートフォリオ】作りの方に
あまり時間をかけられないことも多いのではないでしょうか?

ということで、本来とても重要なポートフォリオについて、
ポートフォリオとはどういうものかや文字や写真のレイアウトの方法
などを実例を交えて掲載している本をご紹介します📚

■ 採用担当者の心に響くポートフォリオアイデア帳
こちらは2DCGと3DCGの両方が紹介されており、
実際に内定をもらった会社などが記載されています。
「ポートフォリオのページ数は、どのくらい必要か?」などの
学生から寄せられた質問(Q&A)も掲載されているので、
参考になると思います◎

■ CGクリエイターになるためのポートフォリオ制作の教科書
こちらは3DCGクリエイターに特化した書籍です。
背景モデリングアーティスト、キャラクターモデリングアーティスト、
アニメーター、コンポジッター職を志望する方の実例を紹介しています。
モデリングアーティスト志望向けの例でもコンポジット作業までを
掲載しているので、最終画として何を表現したいのかがよくわかります。
写真や文字のレイアウトによって視線が集まる場所などを
効果的に紹介している点も参考になると思います。

あくまで筆者個人のオススメですが、
自分のスキルを最大限アピールするために
今回ご紹介した本も参考にしながら
ブラッシュアップしてみてください✨

★インターンシップの詳細およびご応募はこちら

応募締切りは2021年7月16日(金)です!
スキルアップを図る絶好のチャンスなので、ぜひご応募ください*

それではまた更新します:)

PAGE
TOP