笹原 晋也

Shinya Sasahara

1973年石川県生まれ。

 

株式会社アニマ代表取締役。
CGアーティスト出身でありながら、コストを強く意識した経営方針を推し進め、事業規模を約10倍に伸ばす。
「世界に通用するCGアニメーション制作」を視野に入れ、海外案件獲得に向けた研究開発にも積極的に取り組んでいる。

中村 友紀

Yuki Nakamura

1969年兵庫県神戸市生まれ。島根県松江市で学生時代を過ごす。


1987年、大手電機メーカーに入社することをきっかけに上京し、ソフトウェア開発を行う。
1992年に建築業界へ転身した後、1996年からCGを始め、その後㈲笹原組の前身に参加。2003年株式会社アニマの取締役に就任。
デザイナー兼制作進行を経て現在はディレクターとして活躍し、様々な作品に数多く携わっている。
プライベートでは2児のパパの顔を持ち、休日は自宅に社員を招いて交流会を催すなど、親しみやすい人柄で社員からの信頼も厚い。

赤城 晴康

Haruyasu Akagi

1962年東京都生まれ。印刷関係(DTP)の仕事を経たのち、フリーでCGやWebの仕事を始める。2004年アニマへ入社。


ムービー&リアルタイム等のプロデューサー業務を行うと同時に、“1カ月に観るアニメの本数は150話分以上!”という持ち前のアニメオタク度を発揮し、2013年7月放送のTVアニメ「幻影ヲ駆ケル太陽」の原案・原作を担当(共同)。 従来のCGの枠にとらわれない企画を強みとし、オリジナル作品にも力を入れている。

石川 智久

Tomohisa Ishikawa

1970年静岡県生まれ。1993年に武蔵野美術大学短期大学部を卒業した後グラフィックデザイン事務所2社を経て、1999年より㈲笹原組へ参加。現在までに数多くのCGムービーのアートディレクション、3DCGモデル制作を手掛けている。


2006年に監督・脚本を務めた短編アニメ「ペリカン・生ビール」が翌年「松竹C’sNEXT」でベスト8にノミネートされ、「東京コンテンツマーケット2007」では「TCMサポーターズ賞」を受賞。さらに同作は2009年に「横浜ブリリアンショートショートシアター」にて上映、2010年には「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」にて上映された。
本作はアニメの域を超えて、実写では表現できないとても美しい映像と、独特のタッチで描かれたキャラクター、そしてあまりにも切ないストーリーが話題となった。
2010年、ウルフルズのトータス松本氏がバンド結成時から描き続けてきたキャラクター「わいもくん」のアニメ化で、監督・脚本を担当。
現在までに数多くのCGムービーのアートディレクション、3DCGモデル制作を手掛けている。

木村 直人

Naoto Kimura

1974年石川県生まれ。1992年小松市立商業高校を卒業。同年、地元の証券株式会社に入社した後、上京。


お笑い劇場での放送作家見習い・情報誌編集者・情報番組AD・ゲーム情報誌の映像部門編集者・フリーディレクター・フリーライターと様々な職種を経験した後、現在のCGプロデューサーという職種へ流れ着く。アニマでは兼務として求人も担当しており、企業説明会へ積極的に参加しているほか、インターンシップの受け入れを企画するなど、未来のCGデザイナーの発掘・教育にも力を入れている。

長澤 剛史

Takeshi Nagasawa

1964年愛知県生まれ。学生時代より映像ディレクターやイベンターとしての活動を開始。


1993年YMO「TECHNODON LIVE IN TOKYO DOME」からCG制作に携わり、1996年に立体視+立体音響を施した「SONY DIGITAL DINOSAURS」がマルチメディアグランプリ ビジネス賞を受賞。2005年「プロジェクト・シルフィード(X-BOX)」ムービー制作においてアニマの外部プロデューサーを務めた後、2009年株式会社アニマへ入社。主な担当プロジェクトに劇場版「ドットハック セカイの向こうに」や、任天堂3DS™用ソフト「ファイアーエムブレム 覚醒」・「ドラゴンクエスト X」などがある。

小島 忍

Shinobu Kojima

1973年愛知県生まれ。


1991年~2004年お笑い芸人『底ぬけAIR-LINE』として「タモリのsuperボキャブラ天国」や「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」などに出演していたという特殊な経歴を持つ。
その後、芸人の世界から映像制作・ゲーム開発の世界へと転向したことを機に、2010年株式会社アニマへ入社。
現在はパチンコ・パチスロに特化したAM部の統括をしながら、プロデュース・ディレクション業に従事している。

土屋 俊介

Shunsuke Tuchiya

1976年静岡県生まれ。大学在籍中に3DCGに興味を持ち、独学でCG技術を習得。


2004年株式会社アニマへ入社以降、レイアウトやコンポジットワークを中心に、幅広く映像制作に関わっており、近年では遊技機案件のディレクションを数多く担当している。主な担当作にPlayStation3ソフト「侍道3」ではオープニングムービーディレクターを、任天堂3DS™用ソフト「ファイアーエムブレム覚醒」があり、それぞれオープニングオープニングムービーディレクターとテクニカルディレクターを務めた。

堤 真士

Shinji Tsutsumi

1975年茨城県生まれ。1997年㈲笹原組へ参加。これを機に、フリーで他社の仕事をしつつ実践でCGを学ぶ。


プロップス制作をメインとしつつ、背景制作からキャラクター制作まで一通りのモデル制作を経験し、現在はロボットや車等の機械関係を多く担当。これまでに劇場版「ドットハック セカイの向こうに」や、任天堂3DS™用ソフト「ファイアーエムブレム 覚醒」、PSP用ソフト「HEROES’VS」など、数多くの作品にプロップス・背景制作・キャラクターディレクションとして参加している。