BLOG

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVES

アニメーターへのスクリプトの配布方法について

朝晩すっかり涼しくなり、気付けば秋の気候になりましたね🍂
日ごとに最高気温も違うので、体調管理に気を付けましょう!

今回は、アニメーター陣がMayaで作業する際に必要とする
スクリプトを配る方法のひとつをご紹介します!

まず、筆者はクロス関連のテクニカルアニメーターです。
クロスアニメーションの作成を円滑に行えるようにするための
SVのような役割を担っています。

クロスアニメーションの作成工程はややこしくなりがちなので、
作業方法をアニメーターに伝えることが一番大きなハードルかもしれません。
「このツールはこのように使ってください」や、
「このスクリプトを実行したらこういう状態になるので、
その状態でこのスクリプト実行してください」というようなことを
丁寧に説明する必要があります。

この、“伝えることが難しい”という問題をある程度軽減しつつ、
ツールの起動やスクリプトの実行を適切な場面・状態で行ってもらうために、
mGear(※)のAnimPickerを駆使しています。

※弊社が多くのプロジェクトで採用している、オープンソースの
 リギング・アニメーションフレームワークです
ウェブサイト
YouTubeチャンネル

mGearのAnimPickerは、表面的にはリグのコントローラーを
選びやすくするセレクションピッカーのためのツールです。

あるキャラクターリグのセレクションピッカーとしての
mGearのAnimPickerの例↓

しかし、それだけではありません!
mGearのAnimPickerは、スクリプトを配る方法としても使えます。
これがとても優れていて、作業方法を構築して伝える立場からすると、
むしろこちらが本質なのでは?とすら思います。

あるプロジェクトでの実際のピッカーの画像↓

ツールの起動や、スクリプトをピッカーボタンとして配布することができます。

テキストを記すことができる点や、UIとして見た場合も非常に自由度が高いです◎
以下のように、テキストで手順として番号を記しておけば
見ただけで実行手順も伝わる優れたツールとしても使うことができます。

ピッカーの内容データ(=ボタン構成のデータ)は、
外部にjsonファイルとして存在します。
それを読み込んでいるMaya上での実際のノードは、
キャラクターリグと一緒にパブリッシュされ、
キャラクターリグにすでに含まれている状態にします。
なので、ピッカーの内容を更新することで、
いつでもピッカーの内容の更新が可能です!

アニメーターは、実際のノードを含むキャラクターリグを
リファレンス状態で作業するので、ピッカーの内容が変更されても
すぐ反映されるということになります✨

何か特定の問題に対処するスクリプトを急遽配布する必要が生じた時は、
そのスクリプトをピッカーボタンとした上でjsonを更新すれば
それだけで配布できるということにもなるのです!

以上、スクリプトの配布方法の紹介でした*
それでは、また更新します:)

ジェスチャードローイングの練習@金沢スタジオ

台風14号が近付いてきていますね🌀
暗いお天気模様とコロナの影響で、生活と気持ちに
メリハリをつけるのが難しい環境になりましたが、
勉強やスケッチをして気分転換するように心がけています。

ということで、今回は金沢スタジオで行なっている
ジェスチャードローイングの練習についてご紹介します*

金沢スタジオでは、定期的にジェスチャードローイングの
練習を行なっており、 現在は東京本社とzoomを繋いで
合同練習を行っています。
過去のジェスチャードローイングの記事はこちら

ジェスチャードローイングとは:
対象を観察した後30秒〜3分程で描く簡易デッサンのことで、
観察力やポーズの要素を見極める力を養うことができ、
アニメーションの作成時などに活かすことができます◎

ジェスチャードローイングは入社してから本格的に始めたのですが、
アニメーション作業に活かされていると感じる場面が多くあります。
(筆者は入社2年目のアニメーターです)

特に、ポーズの引き出しを増やす際にとても活かされていると感じます。
例えば、ポーズトゥポーズ(※)では、ポーズの引き出しが多いほど
アニメーションがつけやすくなります。
モーションキャプチャーをベースにしたアニメーション作業においても、
ポーズを整える際に活用することができます。
(※)代表的なアニメーション制作技法のひとつ。動きの重要なポーズ絵を
先にいくつか作り、間の絵を中割りでつなぐ手法。

アニメーションは、あるポーズから次のポーズへつなぐ際の
中間ポーズの善し悪しで動きの印象が変わります。
こういった場面でも、ジェスチャードローイングで培った
ポーズの引き出しが活かされてくるといいなと思います:)

1番上の画像はラインオブアクション(メインとなる動き=
アクションの流れを描く想像上の線)を意識して取り組んだものです。
ラインオブアクションを意識してポーズ付けが出来るようになると、
動きの大きさや方向が分かりやすく、綺麗なポーズを
付けられるようになるので、頑張ってマスターしたいと思います!

オンラインジェスチャードローイング後、金沢スタジオの
先輩アニメーターの方に 描いたドローイングについて
アドバイスをいただきました↓

これを見ると、ポーズを見極めて描き出したつもりでも
もっと綺麗なポーズの描き出し方があることがわかり、
まだまだ学んでいくことが沢山あると実感しました。

実際にアニメーションを作成する実践も大きな力になりますが、
ジェスチャードローイングは紙とペンさえあれば行える練習方法なので
気軽に行える点がメリットだと思います✨

「継続は力なり」ということで、
これからもジェスチャードローイングを続けて
アニメーションの仕事に活かしていきたいです!

それでは、また更新します*

自動遠隔再起動システムについて

何となく暑さのピークが過ぎたように感じるこの頃。
(とはいえ、まだまだ暑いですが…💦)
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

アニマではテレワークを開始して1年半が過ぎ、
Parsecを使ったリモートでの作業が8割以上となっています。
※Parsecに関する記事はこちら

先日、ParsecがUnityに買収されるというビッグニュースを知り、
いよいよ本格的に世の中の働き方が変わってきたことを感じています。
個人的には、写真を添付して「このキーを使いたい!」とParsecのCEO宛に
送っていたころが懐かしい…。(キーボードの特定キーが動かなかったため)

そんなリモートデスクトップでのテレワークですが、
リモート先(会社)のPCが何らかのトラブルで応答しなくなった場合は
物理的に現場で操作しなければならないという問題があります。

アニマでも毎日5%程度のPCに何らかのトラブルが発生しており、
再起動を行うためにシステムのメンバーが出社をしています。
(もちろん再起動以外にも仕事はあります!)

今年の春頃まではスタッフから再起動のリクエストを受けて
システムメンバーが物理的もしくはコマンドで再起動を行っていましたが、
この方法はあまり生産的とは言えないので、
ユーザー自身が手軽に遠隔から再起動をかけられる仕組みを作りました。

遠隔からPCを再起動する方法はいくつかありますが、
操作方法や権限、物理構成などハードルもあるため
今回は普段使っているチャットツール(RocketChat)から
Botを使って再起動する手段で開発しました。

スタッフは”restart”か”cancel”のどちらかを打つだけなので、
誰でも簡単に利用することができます。

実際の画面↓

この機能を使っているのは1日平均5回程なので
さほど多くはありません。
ただ、これまではトラブルが起こる度にシステムメンバーへ連絡し
対処してもらうまでの待ち時間があったことや、システムメンバーの
毎度の手間を考えると互いに利便性が高く非常に便利です◎

ちなみに、このシステムでは解決できないトラブルも
1日1回位あるので、そこは現時点では物理的に対応しています。
(実際、この場合は直接確認した方が良いトラブルがほとんどです)

現状の感染状況をみるとまだまだテレワークが続きそうなので、
今後も必要に応じて開発やアップデートを行っていこうと思います💻

それでは、また更新します*

PAGE
TOP