BLOG

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVES

学生時代の振り返り(コンポジットアーティスト編)

ちらほらと桜も咲き始め、春らしい気候になってきましたね🌸
春といえば入学に卒業、進級や引っ越しなどの行事が盛り沢山✨
ということで今回は、社会人3年目を迎える筆者が
「学生時代にやっておけばよかったこと」をご紹介します!
ちなみに、筆者はライティング&コンポジットアーティストなので
ライティングとコンポジット向けの内容となっております。
興味のある方はぜひ、最後までご覧ください:)

◆ カメラの勉強
これはやっておいて損ないと思います。
筆者は学生時代、課題に追われてこういう“基礎知識”を
疎かにしてしまっていたので、学生の時にしっかりと
勉強をしておけばよかったなと思っています。
具体的には、被写界深度や露出、色収差やレンズフレアといった
カメラのレンズによる効果や見え方を知っておくと、
仕事をする上でとても役に立つと思います◎
自主制作にも活かせると思うので、ぜひ学んでみてください。

筆者愛用のカメラはこちらです↓(Nikon D5300)

◆ アニメ、映画などの映像作品をたくさん観る
とにかく引き出しを増やしましょう!
登場人物のその時の感情や、状況を意識しながら観ると
画の法則性が見えてくるはずです。
筆者は画に集中する為に、音無しで観るようにしています。

◆ 本をたくさん読む
アート系の画集や、ソフトのマニュアル本を読んでみてください。
最後におすすめの書籍を紹介しますので、ぜひ参考にしてください📕

◆ プログラミング言語の勉強
主にPythonやMELを勉強しておくと損はないですが、
正直これは社会人になってからでも充分習得可能です。(筆者がそうでした)
学生の時はプログラミング言語よりも画作りに関わる部分(カメラ/アート)の
勉強を優先した方が良いと思います。

それでは、最後におすすめの書籍をいくつかご紹介します!

- Vision ~ストーリーを伝える色、光、構図~
画作りする上で大切な知識がふんだんに盛り込まれた書籍で、
1冊持っておけば必ず役に立つと思います。
先述した「アニメ、映画などの映像作品をたくさん観る」際に、
この本で得た知識を意識ながら観ると映像を観る目が変わってくるはずです。

- アニメ私塾流 最高の絵と人生の描き方
こちらは元々絵を描く人の為の書籍で、絵を上手く描くための練習法や
考え方を解説した指南書となっています。
アマチュア~プロまで幅広い人に向けた内容となっており、
同じクリエイターとして共感できるところや役立つ考え方が沢山ありました。

- Nuke101 コンポジット&ビジュアルエフェクト
学生の時からガッツリNukeに触れることは中々ないと思いますが、
ある程度基礎知識があるとNukeを扱う会社では入社時にとても役立つと思います。
筆者はNuke知識ゼロで入社したので、入社当初はずっとこの本を読んでいました。

- Python ふりがなプログラミング
Pythonを勉強するならこちらの書籍がおすすめです。
タイトルにもある通り、英語の和訳のようにフリガナが書かれており
非常に見やすいです。Pythonの基礎文法はこちらで十分習得可能です!
あとは、Mayaのコマンドがネットにも掲載されているので、
これらを駆使すれば仕事で使えるレベルのコードが書けるようになります。

いかがでしたでしょうか?
あくまでも筆者の経験談で主観に基づく内容でのご紹介ですが、
少しでも参考になれば幸いです◎

最後までお読みいただきありがとうございました!
次回の記事もお楽しみに⁂

新人アニメーター勉強会再始動!

まだ2月ですが、早くも花粉がすごいですね!
去年は花粉が辛い時期にマスクが買えず苦労しました…泣
アニマは現在もテレワークを継続し、感染症拡大の防止に努めています。

テレワークやWeb会議、バーチャルオフィスなどの導入の
取り組みを続けて約1年、アニメーターも新しい生活様式や
働き方に順応したことでテレワーク当初は出来なくなっていた
従来の習慣を少しずつ取り戻し始めています。

そのひとつが【新人アニメーター勉強会】です。
これは、アニマのベテランアニメーターT氏が開催している勉強会で、
金沢スタジオを含む新人アニメーター向けに実施されるものです。
昨年の2月初旬までに、すでに第3回まで実施されています✐

今までの主な講義内容:
・映像制作において要となる考え方や専門用語について
・業務上で効率を上げる仕事の進め方やスケジューリングについて
・作業スピードのアップに役立つツールの活用法

>参考画像

個人的にはポーズの役割についての話が特に勉強になりました。

緊急事態宣言が発出される前は会社の会議室で行われていましたが、
テレワークに切り替わってからは新人がテレワークやweb会議ツールに
慣れるまで社内のグループチャットで「お役立ちコラム」や
参考になるリファレンスを配信していただいていました。

実施方法が変わった関係で今まで紹介するタイミングを逃していましたが、
先日、webツールを利用した開催の告知がグループチャットに届いたので
これを機に新たにご紹介させていただきました!

今後も続報やアニマ内での新たな取り組みなどを
お伝えしていけたらと思います*

それでは、次回の更新もお楽しみに!

社員の1日 ~リギングアーティスト編~

生活様式が変わり、約1年が経過しましたね。
うがい&手洗いの徹底や外出時のマスクの着用は習慣化したものの、
引き続き気を緩めずできる対策をしっかりしていきましょう!

さて、今回は社員の1日 ~リギングアーティスト編~ の記事です。
現在アニマには5名のリギングアーティストが在籍しておりますが、
今回は入社4年目となる筆者Tの一日を紹介させていただきます。
(リギングアーティストとして新卒入社し、今年4月で4年目です*)

リギングアーティストってどんな仕事?という方は、
こちらの記事をご覧下さい✐

1日の流れの他、昨年4月にテレワークへと切り替わった際の
自宅環境の整備についても併せてご紹介します💻

まずはスケジュールから↓
—————————————————-
11:00 業務開始
14:00 会議
14:30~15:30 休憩
15:30 業務再開
16:00 リグチーム定例
20:00頃 業務終了
—————————————————-

11:00 業務開始
開始時間は、出社でも在宅でも変わっていません。
通勤時間の分時間に余裕があるので、
業務前に家事や仕事中の飲み物の準備などをしています。
「Parsec」、「Gather」、「Zoom」を立ち上げて作業を開始します。
日によってはこのタイミングで会社PCの再起動も行っています。

14:30~15:30 休憩
出社していた頃から大体14:30に休憩をとることが多く、
在宅時もなるべく同じようにしています。
コーヒーとお菓子を食べながらゆっくりしつつ、
動画を見て気分転換をしています。

15:30 業務再開
休憩後はロケットチャットのメッセージを確認しながら
ひたすら作業に向き合っています。
適度に立ったりストレッチをしたりして、
体が硬くなりすぎないように気を付けています。

16:00 リグチーム定例
週1回30分程度、Zoomでリグチームメンバーの進捗確認の
ミーティングを行っています。
自分の状況を順番に報告し、必要であれば簡単な話し合いや
質疑応答もします。自分が関わっていない他のプロジェクトの
様子を聞く良い機会です!

20:00頃 業務終了
途中で夕食を取る場合や、業務の都合などで業務時間が
延びることもありますが、最後に日報を書き、業務を了です。
週1~2回会社に出社していた時期もあったため、
なるべく出社時と同じように過ごしています。
※現在は完全にテレワークです

続いて自宅環境ですが、テレワーク移行前から現在に至るまでに
マウス(有線タイプ)とマウスパッド、モニター、フットレスト、
ペンタブレット等を購入しました。
長時間のデスクワークを考慮し、テレワーク開始前に準備しました。

テレワーク開始時はシングルモニターだったのですが、
やはり徐々にやりにくさを感じ、途中で追加購入を決めました。
スタンドを使うと机のスペースを圧迫してしまうので、
モニターアームも併せて購入しました!
モニターとマウスは一度店頭で実物を確認していたものなので、
特に買ってよかったと思いました。
個人的にはモニターとマウス(特にモニター)は
実物を見て購入することをお勧めします◎

私はゲーミングPCを所有していることと
光回線を契約していたことが功を奏し、
テレワークへ移行したことによる障害はありませんでした。
PCスペックが良いわけではありませんが、出社していた頃と
さほど変わらないスピードで現在も仕事ができています。

テレワークにも慣れ、自宅環境も改善し、集中しやすくなりました✨
今後も必要に応じて少しずつ改善していく予定です。
約3年間の業務を通して、成長は自分でも感じてはいますが、
まだまだ勉強不足だと感じる日もあります。
引き続き、初心を忘れずに業務に邁進していきたいと思います!

ここまでお読みいただきありがとうございました。
次回の更新もお楽しみに:)

PAGE
TOP