BLOG

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVES

ぶらり高田馬場 ~てくてくテイクアウトの旅編~

太陽が恋しい今日この頃。。
日照不足のせいで野菜が値上がりするのではないか?と心配する声が
ちらほら聞こえ始めていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

引き続き都内では多くのコロナ感染者が確認されていますが、
飲食店での会食が原因のケースもあるとのことです💦
という訳で、今回のぶらりは【3密】を避けるために
“てくてくテイクアウトの旅編”でご紹介します!

1.【海鮮丼】

アニマのテイクアウトの定番といえば、やはりこちらでしょうか。
最近は某宅配サービスのお兄さん達が列になっていることもあります🚴

2.【カレー】

アニマから一番近いお店といえばここ!
店頭でチキンなどの販売も始めたようです。

てくてく歩くと・・・

3.【生姜焼き丼】

比較的新しいお店を発見!
豚の生姜焼きがメインのお店で、丼物や弁当がテイクアウトできます。
食欲maxになる良い香り✨

さらにてくてく…

4.【とんかつ弁当】

とんかつ屋さんのヒレカツ弁当!
仕出し弁当な見た目のクオリティで味も◎

5.【油そば】

毎度おなじみのお店に久しぶりに行ってみると、
テイクアウトが可能だったのでお持ち帰り。
味玉はお店で食べる時はついていないのでお得!
(個人的には自分で混ぜたい…味は美味)

6.【ローストビーフ丼】

久しぶりの登場!
ぶらり初期にも紹介したお店です。
フォトジェニックな丼✨

7.【鳥カラ弁当】

多くの飲食店と同様に、高田馬場の居酒屋さんも
昼にテイクアウトを初めていました。
唐揚げが売りのお店だけあって、熱々の唐揚げが美味◎

8.【ケバブサンド】

『んっ?こんなところにケバブ屋さんができている!』
ということで、早速ケバブサンドいただきました。

9.【うどんあれこれ】


お蕎麦屋さんで「テイクアウトできます!」と書かれていたので早速注文。
(うどんの写真ですがお蕎麦屋さんです)
店員さんの丁寧な盛り付けと細やかなサービスに感謝です。

全部で9軒!今回ご紹介できなかったお店もたくさんありました。
密な空間での食事などは避けつつ、テイクアウトを利用して
美味しい食事をいただくと良い気分転換になります:)

皆でワイワイ集まって食事ができるのはまだ先の話かもしれませんが、
早くそんな日常が戻ってくることを祈っています…*

アニマでは現在夏季インターンシップの応募を受け付けています!
応募締切は7/17(金)となっておりますので、検討中の方は期限内にご応募ください。

インターンシップ概要はこちら

インターンシップについて ~背景モデリングアーティスト編~

梅雨の時期、毎日雨模様が続いていますね☂
最新の情報を集めて、命を守る行動をしましょう。

さて、今回は毎年実施しているインターンシップに関する記事です。

ANIMAのインターンシップは
応募者のスキルアップを目的としているため、
いわゆる「スタッフのお手伝い」ではなく、
各人が希望する職種に応じた内容の課題に取り組んでいただきます。

筆者はモデリングアーティストなので、
自身の所属しているAsset Divisionについて紹介させてください。

まず、Asset Divisionは下記の3つに分かれています。

◆ Character Department
キャラクターモデリングアーティストが所属する、
キャラクターをメインに制作する部署です。
人物や衣装はもちろん、モンスターなどのキャラクターも制作します。

◆ Environment Department
背景モデリングアーティストが所属し、
キャラクターが演技をする環境を制作する部署です。
具体的には、建物や家具、自然物や街全体などを制作します。

◆ Prop Department
キャラクターが演技に使用する小道具などを制作する部署です。
例えば、剣や銃器、キャラクターが手に持つ小物などを制作します。

今年度、Asset Divisionの中では
Environment Department(=背景モデリングアーティスト)が
インターンシップを募集しています。

昨年度のインターンに参加された方の作品↓

今回は初の試みとなる、リモート作業での実施です💻
お住まいが遠方の方もぜひご応募ください◎

★インターンシップの募集概要および詳細はこちらからご確認ください。
全職種、応募締切は【2020年7月17日(金)】となっております。
スキルアップを図る絶好のチャンスですので、ぜひご応募ください!

それではまた更新します*

ジェスチャードローイング勉強会 ~オンライン編~

2020年もあっという間に7月…!
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回はテレワーク中に始まったオンラインでの
ジェスチャードローイング勉強会をご紹介します✐

以前は【始業30分前に有志のメンバーがリフレッシュルームに集まり、
参加者が交代でポージングをし、10秒〜3分間で一斉に描き出す】
という形で実施していました。
ジャンケンをしてポーズをする順番を決めていたのですが、
後半になればなるほどポージングの時間が長いので、
変な格好をするとすごく大変だったことを思い出します(笑)

リモートワークでの業務に慣れてきたタイミングで
「Zoomでジェスチャードローイング勉強会をやってみよう!」
という声があがり、オンラインで実施することになりました*

そしてこれを機に、これまで別で行っていた金沢スタジオのメンバーと
合同で行うことになり、さらに活気のある勉強会になっています!
以前の環境でもできましたが、テレワーク実施前はその発想がなく、
もったいなかったなと思いました。

手順は非常に簡単で、
①開始時間に全員でZoomにアクセスする
②1人のメンバーが画面共有し、
クロッキー用の動画を流して一斉に描く(20分)
③ドローイング終了後、順々に描いたものを見せ合う(10分)
という感じです。

参加者S氏の感想:
今回のオンラインでのジェスチャードローイング勉強会が
金沢スタジオのメンバーたちと関わるきっかけになり、
互いに繋がり意識を持つことができるようになった点がメリットだと思います。
各々のカメラの都合もありますが、手元にカメラを置いて
描いてるところを写すと「それぞれがどのように描いているか」を
見ることができてとても勉強になりました!
とはいえ、実際に集まって実物のモデルで描く方が
観察力や描写力などのスキルは磨かれやすい気はします。

画面越しであることや、人数が増えたことから
③の“見せ合い”に関しては少し難しいところがありましたが、
一緒に勉強したことで筆者はやる気スイッチが入りました✨
自粛生活の中で、楽しみができたことが嬉しかったです:)

話は少し反れますが、ペイントスケッチ会は現在お休みなので、
個人的にリフレッシュしたい時などに気ままに描いています。

筆者はペイントスケッチ歴の方が長く、
不定期ではあるもののデジタルで描き始めてからは4年程経ちました。
が、まだまだ苦手なことが多々あります…;
「苦手なドローイングを克服したい」、
「自分で見たものの魅力を引き出す方法を身に付けたい」と
思っているので、アニメーター陣に混ざって参加していました。

これらの業務外活動は、例え業務にダイレクトに反映されなくても、
「自分で体験したことは見る人に訴える何かがある!」と思いながら
参加しています。(逆もまたしかり…です)

また、自分で描いたものを客観的に判断できなければ、
意図せず違う意味合いで捉えられてしまう可能性もあると思います。
私は、単純に「描き出すのが楽しい」というのが一番強いのですが、
上記の思いもあるので、一緒に勉強しているメンバーから意見を聞き、
自分のフィルターのようなものをチェックするというニュアンスで
挑戦することも良いことだと思います◎

うまく掛けないこともありますが、
めげずにこれからも楽しみながら勉強していきたいです:)

家の中ばかりでストレスがたまることもありますが、
オンラインでできることもたくさんあるので、
適度に発散して楽しんで成長できればと思います。

それでは、また更新します🌸

PAGE
TOP